FUJIFILM X20  フィルムシミュレーション モード
最近ちょっとサボっていて更新していませんでした。^^;
寒暖の差がありすぎて、そのせいか生活リズムが少々狂い気味なこの頃です。(笑)

さて、先ごろX20を購入して色々と試しているところですが、そんな中、個人的に超ハマっているのが「フィルムシミュレーション モード」です。

メーカーHPによると、「表現意図に合わせて、フィルムを選ぶ感覚でFUJIFILMならではの豊かな色再現性と階調表現を楽しめるモード。プロカメラマンが愛用してきたフジクロームの色表現を忠実に再現し、完成度の高い作品表現が簡単に撮影できます。」 とのこと。

モノクロ以外では、次の5種類があります。

 【見た目に自然なPROVIA(プロビア)】
 【メリハリのある階調と鮮やかな色調のVelvia(ベルビア)】
 【滑らかな階調と優れた肌色再現が特長のASTIA(アスティア)】
 【鮮やかでメリハリのある階調が得られるPRO Neg.Hi(プロネガ・ハイ)】
 【やわらかな階調で繊細な描写力を堪能できるPRO Neg.Std(プロネガ・スタンダード)】

なんだか文字で表現するとかなり設定が被ってる感じがしますが(それを言ってはおしまい)、フィルムの種類と考えると、その特徴は、方向性はともかく、文字では微妙な違いを表現できないんでしょうね。

面白いことにX20の機能には「フィルムシミュレーション ブラケット」というものがあって、あらかじめ設定しておいた3種類のフィルムシミュレーション写真をワンシャッターで作成してくれます。 

今回はその機能を使って基本画質のPROVIAと、なにやらマニア心をくすぐる(笑)PRO Neg.Hi及びPRO Neg.Stdの作例を稚拙ながらUPしてみます。

PROVIA(プロビア)
c0106831_115483.jpg

PRO Neg.Hi(プロネガ・ハイ)
c0106831_115489.jpg

PRO Neg.Std(プロネガ・スタンダード)
c0106831_116959.jpg


(ーー;)

なんか違いが微妙ですが、どれも自然に見えるのにそれぞれ特徴が出ていますね。





メーカーHPには次のような補足説明があります。

PRO Neg.Hi(プロネガ・ハイ)
・フラットな光源下でもメリハリの効いた表現に適し、彩度とコントラストをやや高め、淡い光の中でも、色の微妙なコントラストを際立たせた描写が可能です。
PRO Neg.Std(プロネガ・スタンダード)
・多くのプロカメラマンが愛用したスタジオ用のポートレート・ネガフィルム、やわらかな階調で肌色の質感描写に優れたその画質が得られます。屋外撮影でも、その場の繊細な空気感までも残した、やわらかな色彩表現が可能になります。

作例としてはこちらのほうがわかり易いでしょうか。↓

PROVIA(プロビア)
c0106831_1164187.jpg

PRO Neg.Hi(プロネガ・ハイ)
c0106831_117323.jpg

PRO Neg.Std(プロネガ・スタンダード)
c0106831_117318.jpg


(ーー;)

う~ん、この作例だと1枚目と2枚目が解りにくいかも。(笑)
3枚目は明らかにコントラスト・輝度弱めですかね、彩度はニュートラル?そんなに違わない気がします。

PROVIA(プロビア)
c0106831_2302246.jpg

PRO Neg.Hi(プロネガ・ハイ)
c0106831_2294530.jpg

PRO Neg.Std(プロネガ・スタンダード)
c0106831_2304339.jpg


こうしてみると、基本のPROVIAって微妙に彩度が高めで鮮やかなんですね。
まだ試してませんが、たぶんVelvia(ベルビア)はもっと派手なんでしょう。
派手なのは、いつもPENTAXで慣れてるので今回は試しませんが。(笑)

PRO Neg.Hi(プロネガ・ハイ)は、コントラスト・彩度高めですが輝度が低い感じで、渋さの中にもメリハリのある感じ。
PRO Neg.Std(プロネガ・スタンダード)は、さすがスタジオ用ポートレートフィルムらしくて、同じく渋い発色なのですが、微妙に明るく柔らかな感じを受けました。

最後に、もうひとつだけ作例を順番を変えてUPです。
どれがどれかわかりますでしょうか?_?

c0106831_2571599.jpg
c0106831_2561583.jpg

c0106831_257771.jpg


う~ん、やっぱりパッと見ではわかりにくいかも。(笑)

 ※ 画像はすべてJPEG撮って出しです。
[PR]
by pentallica | 2013-04-20 02:36 | スナップ | Comments(6)
Commented by sb720 at 2013-04-20 06:49
1番目はPROVIA
2番目はPRO Neg.Std
3番目がPRO Neg.Hi    でどうよ?


jpegでこれだけの絵が出てくるならこれは大変魅力的ですな。

PROVIAでも十分派手ですが・・・Velviaに期待してます(笑)
Commented by スーパーサイドバック at 2013-04-20 11:03 x
こんにちは
いつもどうもありがとうございます♪

比較撮影ご苦労様です。
ぜひベルビア見たかったです
あの発色がどぎつくのがどんな風になるか
見てみたかったです(笑)
う~ん
ノートPCのモニターで見る限りは
コントラストの微妙な違いしかわからなかったです

またよろしくお願いいたします♪
Commented by pentallica at 2013-04-21 22:52
sb720さん

のってくれてありがとうございます。(笑)
答えは、
1 PRO Neg.Hi 
2 PRO Neg.Std
3 PROVIA
です。
1に比べて、3は、パイロンの赤がほんの少し派手なのでわかります。
その他の要素では微妙すぎてわからないですよね・・・。(笑)
Velvia・・・試してみます。
でも、噂ではペンタの絵づくりのほうが派手だそうです。(笑)
Commented by pentallica at 2013-04-21 22:55
スーパーサイドバックさん
やっぱ、モニターだと解りにくいのでしょうね。
プリントだと違うのかもしれません。
でも並べてみないと解らないのかも。(笑)
Velvia・・・今度撮り比べてみます。
設定完了しました。(^^)v
Commented by yukarihoarau at 2013-04-22 04:13
こんにちは~。
へー最近のカメラは色々出きるんですね!
しかもワンシャッターで!
正直よく分かりません(笑)
私は一番上が好きです・・。

寒暖の差があるんですね。風邪をひかれないように!
(私は2風邪で週間ダウンしていました・・・)
Commented by pentallica at 2013-04-23 00:23
yukariさん
あはは~、やっぱり分かりませんか。(^^)
まあ、この微妙な味付けを楽しむというマニアックなことなので、
そんなに重要なことではないので・・・。(笑)

最近のコンデジは、機能も多いし、画質もスゴイですよ。
特に画質は、不満なんてほとんど無いレベルです。

日本はもうすぐ5月なのに、なんだか寒いんです。
先日は東北で、満開の桜に積雪がありました。
写真を撮るには良いのでしょうが、ちょっとねぇ・・・。^^;


<< FUJIFILM X20で神戸... 芝桜 in KOBE >>